美しく誇り高い“京女”攻略法!はんなり美女とのプレイをより楽しむためのコツ

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

京女

美しく誇り高い“京女”攻略法!はんなり美女とのプレイをより楽しむためのコツ

着物で歩く京都の女性今回のテーマは、「京都出身の嬢とプレイを楽しむためのコツ」です。
京都旅行のついでに河原町や祇園に足を運んでみようと考えている方、京都に引っ越すことになった風俗ファン、そのような方は、ぜひ参考にしてみてください!

切れ長の涼やかな目もと、たまご型のラインがきれいな顔の輪郭、すらりとした肢体、色白で潤いたっぷりの美肌。柔らかな物腰、男心をくすぐるなよなかな声……。

千年の歴史と伝統、湿潤な気候と鴨川の清明な水が育んできた京美人たち。
ここではそんな彼女たちの特徴、攻略法をまとめてみました。

“京女”の特徴

おっとりとした身のこなしが体のラインを強調し、独特のなまめかしさで見る人に生唾をのませる京美人たち。

どちらかといえば物静かでおしとやか、見ようによっては“天然”な感じもする彼女たちですが、実は心の中には強い芯が1本通っている、そんな女性が多いようです

誇り高い“都の女”たち

プライドの高い?京都の女性いまだ「首都は東京」ということに抵抗を見せる人が多い、などという都市伝説が生まれるほど、歴史と伝統のある古都に誇りを持つ京都の人々。もちろん女性たちも例外ではありません。

京都の女性は、1000年以上の長きにわたって“都の女”として全国の男性たちの羨望と欲望の的でした。

そんな記憶がDNAに刷り込まれているのでしょうか、基本的に彼女たちは“京都出身”という生まれながらのステータスを持っていることに大きな誇りを持っています

そして、その基盤である京都という街そのものにも誇りを持っている、ということがいえます。

うわべはニコニコ、でも腹の底では……?

ぶぶ漬け家に長居するお客さんにさりげなく笑顔ですすめる“ぶぶ漬け”(お茶漬け)には、「早く帰れよ」という意味がこめられている……というのは、笑顔と腹の底の思いが違う、京都人の「二面性」をあらわす有名なエピソードです。直接ズバッと切り込まず、遠回しに攻めるのが京都の流儀であるといわれています。

京都の女性たちもまた、そのような特徴を持っているようです。

ニコニコしているので好かれているのかと思ったら、実は全然そうではなかった、ということがあります。

また、どんなときでもうわべは人あたりよく笑い、正面切って衝突することを避けるのが京都気質。というわけで「うわべはツンツンしているけれど実はデレ」というツンデレが成り立たないというのも特徴といえるでしょう。

“京女”に気に入られる上手な遊び方

上でまとめた特徴をもとに、ここでは京都生まれの風俗嬢と過ごすことになった際、上手に遊ぶためのコツを紹介します。
彼女たちの心をつかみ、濃厚なプレイを楽しむために心がけておくべきこととは、どんなことなのでしょうか?

がっつかずスマートに遊ぶこと!

京都の女子と遊ぶイメージ京都の女性たちは、歴史ある“都の女”に敬意を払い、ルールにのっとってスマートに遊ぶ男性にならすんなり身を許し、おまたを開きます。

逆に「ほかの誰でもないオレが、何が何でも1秒でも早く気持ちよくなりたい!」という心がけで遊びにのぞみ、たとえばシャワー前からがっつくような男性は好まれません。

うわべはニコニコしていても腹の底では冷たく軽蔑され、最終的には無言の手コキでフィニッシュを迎えることになるでしょう。

雑談タイムには京都を褒めよう!

雑談タイムたとえば、夏の盛りの京都で……。

「京都は初めてなんだけど、ほんとクソ暑いよね。風も通さないし過ごしにくいよね」

プレイ前の雑談タイムで、軽い話題のつもりで口にしたそのひとことが女性の起源を致命的に損ねてしまう、そんな可能性があります。

意識的にせよ無意識的にせよ、彼女たちの中には「京都こそサイコーの街」という思いがあります。そんな中、京都の欠点をあげつらうようなことを言えば、どういうことになるか……。

遊び方がどんなにスマートであっても、イケメンであったとしても生理的に嫌われてしまうことでしょう。

夏の京都は祇園祭や「五山の送り火」のお祭りが開催される祭りの季節。またカフェでは冷えた白玉、甘いあんこ、香り豊かな抹茶粉などを使った京都の夏ならではの甘味メニューが人気です。

そのような“良い点”を話題にして、京都に誇りを持つ女性の心をくすぐってみましょう。

ページトップ