スタンダードなヘルスプレイを楽しみたいならココ!河原町周辺の風俗店【京都風俗スポット案内】

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

四条河原町

スタンダードなヘルスプレイを楽しみたいならココ!河原町周辺の風俗店【京都風俗スポット案内】

四条河原町京都市下京区を東西に貫く四条通と、南北にのびる河原町通
阪急京都線・河原町駅を出てすぐの交差点「四条河原町」で、2つの通が交わっています。

毎年夏の風物詩・祇園祭のメインイベントである「山鉾巡行」の前祭では、四条烏丸駅を出発した絢爛豪華な山鉾が祇園囃子とともに四条通を東に進み、この交差点で河原町通に折れて北上していきます。

また後祭では、烏丸御池駅を出発した山鉾が逆のルートをたどって河原町通を南下、交差点で四条通に折れて西へ進んでいきます。

巨大な山鉾が掛け声とともに見事に交差点を曲がる「辻回し」の瞬間は、全日程の中でも最高に盛り上がるひとときです。

今回紹介するのは、この交差点を中心とする風俗スポット「河原町」です。
京都マルイ、京都タカシマヤという2大デパートが左右にそびえる河原町通を東に折れ、高瀬川を越えるあたりで、飲食店やマンション、ビジネスホテルなどに交じって風俗店が密集する風俗スポットに到着します。

風俗スポット「河原町」の成り立ち

四条河原町現在、四条河原町の交差点を中心に繁華街として賑わっている河原町通は、安土桃山時代に豊臣秀吉が京都の街並みを改造した際、開かれた通であると伝えられています。

武家屋敷や寺社仏閣、また商家なども見られる通であり、四条河原町の交差点から5分ほど北上した先には、日本史上最大のミステリー「坂本龍馬暗殺事件」の舞台になった近江屋もありました。

明治維新後は都市開発が進められ、交差点の北側は商店街として発展。龍馬の写真が添えられた石碑が幕末の動乱期をしのばせる「近江屋跡」も、2018年現在は回転寿司のお店になっています。

一方、交差点の南側に広がる風俗スポットには、近くの「木屋町」と同じく1990年代の半ばから風俗スポットとして栄えてきた歴史があります。
京都市内外に店舗を構える大手グループのファッションヘルスが目立つのが特徴です。

河原町周辺の風俗店

風俗スポット、特にファッションヘルスの店舗が数多く見られる「ヘルス街」として賑わっている河原町。
ここでは、代表的なお店をいくつか紹介してみたいと思います。

『プルプル倶楽部』

プルプル倶楽部同じく河原町にファッションヘルス『プルプルハウス』を、また木屋町には性感エステ『はんなり』の店舗を構える“プルプルグループ”が経営する『プルプル倶楽部』は、ハタチ前後の清楚な京娘にこだわったファッションヘルス。スタンダードなヘルスプレイを楽しめる名店として愛されています。

見目麗しい京美人と一戦交えたい
そんなときにまずおすすめしたいのがこのお店です。

店舗が京都マルイのすぐ裏手にあるということで、四条河原町の交差点から最短で行ける風俗店でもあるというのもポイントです。

『京都の団地妻』

京都の団地妻木屋町に、「女の子を実際に見て触ったうえで“実物指名”ができる」「制服姿の女の子と“痴漢プレイ”も楽しめる」というマニア心をくすぐるファッションヘルス『みつらん鉄道』の店舗を構える“NICOROグループ”が経営する人妻専門のファッションヘルス、それが『京都の団地妻』です。

実物指名ができる点、またマニアックなシチュエーションで楽しめる点が『みつらん鉄道』と共通しています。

夫や子どものいない昼下がりを悶々と過ごしているエッチな人妻たちが、かわるがわる「回覧板」を受け取りにやって来てはイタズラを仕掛けてくるという趣向で、最終的にはその中からひとりを選んで2人きりのヘルスプレイを楽しむことができます。

『ダック京都』

ダック京都四条河原町の交差点を北上し、近江屋跡よりさらにもう少し北へ……松ヶ枝町に店舗を構えているファッションヘルスが『ダック京都』です。

風俗スポットからは少し離れていますが、それだけにより足を運びやすいということで通っている方も少なくないようです。

こちらのお店、女の子のルックスやスタイルはもちろんのこと、「濃厚プレイ」にこだわっているという特徴があります。キスに始まり、フェラや素股で仕上げられるスタンダードなヘルスプレイ。そのレベルを高めることを第一義としているお店です。

「これぞヘルス!」というサービスを堪能したい方におすすめの名店といえるでしょう。

ページトップ