京都発デリバリーの人妻・熟女店、エテルナのイベント情報「2月イベント!『声姫』でセクシーボイスを聴き放題!(01月31日 18:14投稿)」

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

京風金券使用可

エテルナ

えてるな

0120-35-1028

京風見た!」とお伝えください

今井 れおな

京都発デリバリー/人妻・熟女

営業時間外

営業時間
10:00~翌5:00
定休日
年中無休(年末年始未定)

女子求人サイト

男子求人サイト

京都人妻デリヘルNO1!毎日50名オーバーの超豪華出勤!!
激アツイベントも常時開催中☆大手グループの安心と快楽をお届け♪ 
各エリアにて深夜も利用可能なホテル代込みコースもご用意しております! 
いつでも迅速に、かつリーズナブルにお遊び頂けますヨ♪

  • ポロリ券 抽選する
  • 半額券 抽選する
  • 無料券 抽選する

イベント情報

2月イベント!『声姫』でセクシーボイスを聴き放題!

01/31 18:14

イベント期間: 2019/01/31 18:13~2019/02/28 23:59まで

残り:10日16時間59分



 


で選ぶ、で感じる!

『声姫』で奥様のセクシーボイスを聴き放題!!







『店長・・・いま、少しだけお時間宜しいでしょうか・・・』



そう声を掛けてきたのは、弊社制作部主任のK氏でありました



いつも寡黙に淡々と仕事をこなす彼は、まさに縁の下の力持ち



画像の修正からプログラミングまでこなす、名バイプレイヤー



いつになく固い決意を秘めた眼差し。脳裏をよぎる、嫌な予感




『あのこれ・・・自分なりに企画してみたのでご覧ください』



内ポケットから取り出したのは、退職願ではなく企画書でした



『あっあっあ、いいやんこれ!これめっちゃ、いいやん!!』



動揺と安堵感がない交ぜになり、無意味な感嘆詞を連発する私



ようやく人心地ついて受けた、準備万端のプレゼンテーション



否それは最早プレゼンというよりは、渾身の告白でありました




太○治の『人間失格』を彷彿とさせる壮大な独白でありました



※長文となりますので、取り急ぎ内容を先にお伝え致します※





2月度イベントは、




声で選ぶ、声で感じる!

声姫で奥様のセクシーボイスを聴き放題!!




で御座います!





当店HP内の以下リンクに
『声姫』というサイトを設けました







投稿された奥様のセクシーボイスのどこかに合言葉があります





受付時にその
合言葉をお伝え頂くと・・・



『オールコース 2000円割引!』



にてご案内致します!!



本指名の方1000円割引とさせて頂きます。ご了承くださいませ。





どの奥様の声の中に合言葉があるかは、聴いてのお楽しみ♪♪



合言葉は複数御座います!期間中何度でもご利用頂けます!!



ではでは、本邦初の試み
『声姫』をどうぞお楽しみ下さい!!





※ご利用時は受付時に
『2月イベントで!合言葉は○○で』とお伝え下さい



※割引は投稿された奥様に限らず、全てのキャストに適用させて頂きます



※投稿した奥様へのコメント欄も御座いますので、是非ご活用下さい



※『声姫』は3月以降も継続致しますので、今後もご贔屓下さいませ



※それでは以下、ご興味のある方は引き続きK氏の告白をご一読下さいませ





-------------------------------------------------------------------------------





自分は
声フェチです。



よく世間では脚フェチだとかうなじが好きだとか、



一昔前はおっぱい星人という言葉も流行りましたが、



自分は
声フェチです、それも生粋の。



小学生の頃、性に目覚めた同級生達が



ブルマーからはみ出た純白のパンティや、



早熟な女子の胸の膨らみに胸躍らせていた時も、



私の性の対象はあくまで
でありました。



隣席の
A子ちゃんのハキハキした甲高い声に



股間がむず痒くなり、国語の授業で、



宮○賢治の銀河鉄道の夜を抑揚をつけて朗読する




C江ちゃんに、はじめての勃起を経験しました。



声変わりする前は深夜親父の隠している官能小説を引っ張り出しては、



それを自分で朗読しながら
オナニーに耽るのが日課でした。



ですので変声期は自分が自分でなくなるようで、本当に辛かったです。



日を追う毎に野太く、低くなってゆく己の声。



それは自分の存在を全否定されているような苦痛でした。



長じて彼女が出来てからも結局自分の興奮の対象は声ですので、



お相手の身体より
声に欲情してしまい、



性生活もギクシャクして破局するのが常でした。



今の自分の生き甲斐はもっぱら痴女風俗店で目隠しされて



耳元でひたすら卑猥な言葉を囁かれることと、



ネットに素人が投稿する
アダルトボイスを聴く事であります。



あ、あといかがわしい中○エステで薄暗い中、



片言の日本語でイイの?ここイイの?



と言われながら
手コキされるのも大好きです。



どうしてこうなったのか、自分でもよく分かりません。



物心ついた時は既にそうでした。



不謹慎を承知で申し上げますと、



第二次世界大戦後のBC級戦犯裁判で



理不尽にも死刑を宣告された男を描いた




『私は貝になりたい』という小説がありますが、



『私は声になりたい』のが本音の本音であります。



兎に角、こんな自分の性癖でも



何かのお役に立てるのではないかと思い、



貴重なお時間を頂いてお伝え致しました。



どうぞご笑読下さい。


 



 




ページトップ