“台風疲れ”の今おすすめ!清純娘と遊べる京都の癒らし系デリヘル

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

台風

“台風疲れ”の今おすすめ!清純娘と遊べる京都の癒らし系デリヘル

非常食先月初めから、京都は台風2連発。
今週末はさらにもう1発、例によって“きわめて勢力が強い”といわれる台風25号が来るか来ないかというところですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

避難経路や非常食の準備は万全でしょうか。
懐中電灯には電池が入っていますか?携帯充電器は?雨戸は?

と、最近は何だかんだと台風前に備えをしたり、緊張で気持ちが張りつめたり……その結果、ぬぐえない疲労が蓄積する“台風疲れ” の方も多いのではないかと思います。

そこで、今回は「今おすすめ!京都の癒らし系デリヘル」をテーマにお送りします。

“癒らし系デリヘル”とは?

休養する男心が疲れているときは、思いきりドがつくほどのエロスに溺れ、ふたりのカラダがこすれ合って燃え出すような激しいプレイが楽しめる、そんなデリヘルもおすすめ。

実際、前に台風が来たときにも書きましたが、ドスケベプレイは脳内にアルファ波をビンビンに満たしてストレスを解消させてくれます。

とはいえ、身体的な疲れを癒すには、やはり激しく動くよりはゆっくり休んだほうが良いでしょう。というわけで、ここでおすすめしたいのは “癒らし系” のデリヘル。

ここでいう“癒らし系デリヘル”とは、いわゆるエステ・オナクラ系のデリヘルです。

ハイブリッドエステエステといえば、当ブログでは最近もっぱら『京都泡洗体ハイブリッドエステ』ばかりを紹介してきた印象がありますが、ここはどちらかといえば変わり種のお店です。

エステでありながら、高級ソープばりの密着泡洗体に濃厚ヘルスプレイをドッキング。

まさしくドスケベなプレイを楽しみたいときにはうってつけのお店といえますが、今回はよりスタンダードなエステ・オナクラ系のデリヘルを紹介したいと思います。

アロマエステ・キュエルの在籍セラピスト癒らし系デリヘルの最大の魅力は、何といっても可愛い清純系の女の子が多いということ。

エステ・オナクラは、ソープやヘルスよりはサービス内容がソフト。

そういうわけで、「これまで風俗では働いたことがない」「プライベートでもあんまり経験はない」という素人感たっぷりの清純系の女の子がドキドキしつつ入店している、そんなケースが多いのです。

では今、具体的にどんなお店がおすすめなのか……以下2店舗、紹介します。

今おすすめの癒らし系デリヘル

“癒らし系デリヘル”の基本サービスは、リラクゼーションマッサージを組み込んだエステ。
あるいはその清らかでスベスベの手でオナニーのサポートをしてくれるオナクラ。
ここでは、それぞれのおすすめ店舗をピックアップしてみました。

『アロマエステ キュレル』

アロマエステキュレルプロの手ほどきを受けた“セラピスト”が癒らしサービスを提供してくれる、それが『アロマエステ キュレル』です。

「黒髪(あるいはダークブラウン系)×色白美肌の京美人」にこだわったキャスティングも魅力的なこのお店では、清純派の京美人たちが丁寧なヒアリングのうえで心や体のコリをほぐしてくれます。

絶妙な力加減で揉みほぐしてとろけるようなひとときを味わわせてくれたあとで、クライマックスはローション手コキ。

トップレスが基本なので、恥じらいつつ下着をとる胸キュン必至の姿を見て楽しむことができ、さらに「ソフトタッチ」のオプションをつければきめ細かな柔肌に触れつつフィニッシュを迎えることもできます

夢見心地の癒らしタイムを堪能できるでしょう。

『美少女リフレ 添い寝小町』

添い寝小町こちらはオナクラ。店名にある通り “添い寝”をフィーチャーした癒らし系デリヘルです。

美少女リフレ 添い寝小町』はホテルの密室で、恋人になりたてのカップルのような気分でイチャイチャと過ごす添い寝タイムを満喫できます。「業界未経験」にこだわったキャスティングも魅力的です。

また、「いけずなハンドコース」なるコースを選ぶことで、素人娘の焦らし手コキを堪能できるところや、素人娘が恥じらいつつ「スク水」や脇チチがはみ出る「童貞をコロすセーター」といったコスチュームに着替えてくれるところもポイント(コスプレは有料です)。

癒し効果たっぷりのオナニーサポートを堪能できるでしょう。

さて、今回紹介したお店以外にも、京都では清純派の美少女が癒らしサービスで気持ちよくイカせてくれるデリヘルが営業中です。台風の準備を済ませたあとで、イッてみてはいかがでしょうか。

ページトップ