冷酒が美味しい季節!風俗遊びをお酒で失敗しないためのポイント

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

冷酒

冷酒が美味しい季節!風俗遊びをお酒で失敗しないためのポイント

京都の梅雨昨日まで続いた晴天も、今日は崩れて雨模様。湿度は高く、90%超え。
いよいよ京都の最も憂鬱な時期、じめじめした梅雨の季節に入ろうとしている今日この頃……。

「美味しいお酒と風俗の濃厚プレイでパーッとしたい!」という方も多いでしょう。

ちょうど今月20日、京都では酒造会社5社による共通ブランド「京都の夏冷酒」の販売がスタート。

後味がスッキリ爽やかな日本酒は、じめじめした京都の夏を乗り切るのにうってつけ。また、ほろ酔い気分で高まった性欲と精力で、風俗のプレイをより濃厚に楽しむことができるでしょう。

ただし、お酒は付き合い方を間違えるとその後の風俗遊びに悪影響を及ぼすことがあるので要注意。
泥酔して入店を断られたり、女の子に嫌われてしまったりすることがあります。

というわけで、今回の京風ブログでは「風俗遊びをお酒で失敗しないためのポイント」を紹介します。

「京都の夏冷酒」とは?

京都の夏冷酒初夏の空のように淡く澄んだ青い瓶に、暑さを吹き飛ばす爽やかな涼風のようなデザインを施したラベル。

棚に飾っているだけでもひんやり涼しげなムードをかもし出す、そんな「京都の夏冷酒」は、上にも書いたように酒造会社5社による日本酒の共通ブランド。5種の内容は以下の通りです。

『英勲』

1895年(明治28年)創業の「齋藤酒造」によって生み出された、冷やでも燗でも美味しい純米酒。“淡麗優雅”をコンセプトとするクセのないまろやかな口あたりが特徴として挙げられます。
一口ふくむとふわりと翼を広げたように味にふくらみが出て、次の1杯がさっそく恋しくなる、そんな銘酒です。

『招徳』

キリッとした味わいでありながら余韻が長く残るという特徴を持つのは、1645年(正保2年)創業の老舗「招徳酒造」が生み出す銘酒『招徳』です。
1杯をゆっくりじっくり愛おしみつつ味わいたい、そんな気分を抱かせます。

『玉乃光』

親しみやすい味わいで、あらゆる料理に合う“食中酒”という趣を持つ『玉乃光』は、1673年(延宝元年)創業の「玉乃光酒造」が手がける逸品。
ほのかな甘みと、ふんわり舌にからむ香りはまるで楚々とした花のよう。美味しいおつまみを用意して飲みたいお酒です。

『富翁』

1657年(明暦3年)創業の老舗酒造「北川本家」を代表する純米酒、それが『富翁』です。
優しくたおやかにまとまっていながらも、同時にイキイキとしたフレッシュなもぎたて果実のような爽やかな香りが舌を跳ねる、そんな味わい深いお酒です。

『聚楽第』

1893年(明治26年)、桃山文化の粋を尽くした豊臣秀吉の居城・聚楽第の跡地に蔵を構えた「佐々木酒造」が生み出した『聚楽第』は、好適米“ヤマダニシキ”を厳選して使用したお酒です。
フルーティーな香りにやわらかな味わい。後味の引き際が良い気品の高さが特徴として挙げられます。

お酒で嫌われないための2箇条

酒で嫌われる男上段では「京都の夏冷酒」について紹介しましたが、いかがでしょうか。

さっそく喉をゴクリとさせている方もいらっしゃると思いますが、「もっと風俗を楽しむために美味しい冷酒を飲む」その前に、ぜひ押さえておいていただきたいポイントがいくつかあります。

何といっても、ぐでんぐでんの泥酔状態になってしまうのは避けたいところ

京風の店舗詳細ページからは各店のオフィシャルサイトに飛ぶことができますが、どのお店も「泥酔者はお断り」の文言を注意書きとして入れています。

また、女の子に嫌われないためには「匂いケア」も欠かせません

たとえば、舌をねっとりじっくり絡める激しいディープキスのさなか、プーンと香ってくるアルコールやら何やらの混じった口臭……立場が逆ならこっちとしても避けたいところではないでしょうか。

というわけで、ここでは「泥酔しないようにする」「匂いケアをする」ためのポイントをまとめてみたいと思います。

しっかりつまみつつ飲む

ポテトサラダ「空腹でお酒を飲むと悪酔いやすい」とはよく言われることですが、正確にはアルコールを吸収する小腸、アルコールを分解する肝臓の働きをサポートする、そんなおつまみを選ぶのが大切です。

小腸の働きをサポートするには、胃に長く残るものを選ぶのが効果的。アルコールが胃をゆっくり少しずつ通過していくので、小腸が急にアルコールを吸収するようなこともありません。

ポテトサラダなどは、マヨネーズの脂分も適度にあって胃に残りやすいのでうってつけです。

また肝臓の働きをサポートするには、代謝能力を活発化させるタウリンがたっぷり含まれた食品を選ぶといいでしょう。代表的なのは、タコやイカといった食品です。

お店に向かいつつガムを噛む

ガムお酒を飲んだあとにムッとするような口臭を発するようになると、風俗で女の子がディープキスをしてくれず、たっぷりクンニしたいのに何となくかわすようなそぶりを見せる、そんなことになってしまいがち。

これを避けるには、お酒を飲んだあとに水分補給をすること、唾液を絶やさないようにすることが大切です。

アルコールには強い利尿作用があることはよく知られていますが、その結果、体内の水分は急激に枯渇。口の中から唾液がなくなって雑菌が一気に繁殖します。口臭は、それらの雑菌が引き起こされています。

そこでおすすめなのが、風俗を利用する前に水をしっかり飲むこと、そしてガムを噛むこと。物を噛むという動作をすることで自然に唾液が多量に出るようになり、口臭の発生を防ぐことができます。

ページトップ