“京女”攻略法PART2!「京都男子とは違う魅力でアプローチしよう」の巻

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

京都女子

“京女”攻略法PART2!「京都男子とは違う魅力でアプローチしよう」の巻

京都女子今回のテーマは、京都出身の風俗嬢、いわゆる“京女”の攻略法!
京風ブログでは以前、京女の特徴と、その特徴に合わせた遊び方をまとめた記事をお届けしたことがありますが、今回はその第2弾です。

特に出張や観光、あるいは就職で京都の地を踏むことになった、そんな男性を対象に、「京都男子とは違う魅力でアプローチしよう!」というテーマでお送りしたいと思います。

「脱・草食系」がカギ!

・基本的に草食系で、エッチは淡白。あまり反応を表に見せない
・腹の底が読みづらく、うわべの顔が必ずしも感情を表しているわけではない
・恋愛は、複雑で繊細微妙な心理戦みたいな駆け引きになることが多い

情熱的このような特徴を持っているのが京都生まれの男子たち(もちろん全員こう!というわけではありませんが)。

そんな京都男子の相手をするのに、“京女”の皆さん、実はけっこうお疲れぎみのようです。

特に、肌が密着する近い距離で男性陣に接する風俗店の女の子たちは、彼らの感情を読み、「ちゃんと感じてくれてるかな?」と気にしつつプレイにのぞまなければならないのでなかなか大変。

そこでおすすめしたいのは「脱・草食系」のスタンスでプレイにのぞむこと。ストレートに、情熱的にアプローチすることを心がけてみましょう。

ロールキャベツただし、ルックス的には普段からティッシュを近づければ燃えそうな筋肉モリモリの暑苦しいタイプよりも、スマートで爽やかなほっそり系のほうが流行り。

このことも考えあわせてみると、京都で目指すべきはいわゆる“ロールキャベツ男子”といえるでしょう。
普段はおとなしいけれど2人きりの場では情熱的になる、そんな姿勢が好まれるようです。

ちなみに、「責めるより受け身のほうが好み」という男性も同じ。
ただ寝そべって淡白な感じでご奉仕してもらうのではなく、「気持ちイイよ!」ということを恥ずかしがらず、素直に言葉にしてアピールすることが大事です。

女の子もサービスに身が入り、濃厚なひとときを過ごせるようになるでしょう。

情熱系でイクときの注意点

京都男子にはないストレートで情熱的な姿勢で臨むことこそ、“京女”とのプレイをより楽しむためのコツ。
とはいえ、その際には気をつけなければならない点もあります。

雰囲気づくりをしっかり!

がっつく情熱系が好まれるからといって、入室するなりがっつくようなプレイはあまりよろしくありません

誇り高い“都の女”である京都生まれの風俗嬢は、そんな自分たちに釣り合う紳士的な男性を好みます。

本格的にプレイに突入したあとは存分に情熱的にふるまってOKですが、最初のうちは雑談から始めて軽いボディタッチへ、そして息が徐々に荒くなってきたところで濃厚プレイへ……と、雰囲気をしっかり作っていくことが必要といえるでしょう。

ただし、「夜這いプレイ」や「痴漢プレイ」のような“がっつき系”のプレイが基本になっているようなお店は、その限りではありません(ファッションヘルス『みつらん鉄道』とか『京都の団地妻』とか)。

女の子のプロフィールを事前にチェック!

プロフィール京風では、各店に在籍する女の子のプロフィール情報を掲載しています。

「性感帯」「得意プレイ」といった基本データ、店長さんからのコメントなどをチェックすることで、「この子は全身性感帯のドMなんだ」「おしゃぶりが得意な責め派の淫乱系なんだ」など、女の子のプレイスタイルや性癖を確認することが可能です。

実際に服を脱いでシャワーを浴び、ベッドに入ってからどんな情熱プレイを仕掛けていくか……じっくり責めるのか、ねっとり責められるのか、その方針を固めるのに役立つでしょう。

特に初めてのお店、初めての女の子にチャレンジするときには、要チェックです!

ページトップ