多彩な風俗店が軒を連ねる歴史ある“花街”祇園の風俗店【京都風俗スポット案内】

京風は京都・滋賀に特化した風俗情報サイトです。充実した風俗店検索機能だけでなく、続々寄せられるユーザー様からの口コミ・体験談や写メ日記や自撮りなど女の子中心のコンテンツで風俗店選びを強力にサポート!さらに無料会員登録でお得な金券が当たるチャンスも!どんどん利用して優雅な風俗ライフを!

祇園

多彩な風俗店が軒を連ねる歴史ある“花街”祇園の風俗店【京都風俗スポット案内】

八坂神社京都市内で見られる数々の観光名所の中でも、特に名高いのは金色に輝く楼閣が目を惹く「金閣寺」、“清水の舞台”で有名な「清水寺」、そして東山区祇園町にある「八坂神社」でしょう。

京阪本線・祇園四条駅を出て西の四条大橋を渡り、高瀬川沿いの道に入ると河原町・木屋町といった風俗スポットが見えてきますが、一方で東へ10分ほど歩いていくと1000年以上の歴史を誇る神社・八坂神社に到着します。

あざやかな朱塗りの本殿が美しいこの神社は霊験あらたかな“縁結び”のパワースポットとして有名ですが、今回取り上げる風俗スポット「祇園」はそもそも、八坂神社の門前町として発展したエリアでした
その名称は、八坂神社の正式名称「祇園社(祇園感神院)」に由来します。

古式ゆかしき“花街”として、江戸時代の半ばから多くの人が足を運ぶ歓楽街として賑わってきた祇園。そこでは今、どのような風俗店が見られるのでしょうか。
祇園の歴史とともに、チェックしてみましょう。

風俗スポット「祇園」の成り立ち

祇園全国から多くの人が参拝に訪れる神社、またはお寺の前には必ず茶店や土産物店、旅館が並ぶ門前町が形成されましたが、祇園もそのひとつです。

江戸時代の初め頃に整備された門前町は、いつしか遊女や芸妓が艶やかなおもてなしをするお店が建ち並ぶ歓楽街へと変化し、江戸で8代目の将軍・吉宗が政治を行っていた享保17年(1732年)、正式に花街、今でいう風俗街として認められるようになりました。

その後も歓楽街として発展し続け、明治維新を迎え、激動の昭和を乗り越えて今に至る祇園。
戦後、遊郭が廃止されて高度経済成長期、バブル期へと時代が変化していく中、四条通の南側は一貫して古き良き町家が軒を連ねる街並みを残し、現在も格式の高い料亭や歴史ある喫茶店などが営業を続けています

一方、四条通の北側はキャバクラや高級クラブ、そして風俗店の店舗が建ち並ぶ“ネオン街”として発展するようになりました。特にキャバクラ、高級クラブの数は関西エリアでも群を抜く多さを誇ります。
今、風俗スポットの「祇園」として賑わっているのは主にこちらのエリアを指しています。

祇園のおすすめ風俗店

主に四条通の北側が風俗スポットとして賑わっている祇園。
河原町や木屋町と同じくファッションヘルスの店舗が軒を連ねる一方で、「ツーショットキャバクラ」「ホテヘル」といった業種に属するお店も営業中です。
ここでは、そんな祇園のおすすめ店舗を2店、紹介します。

スキャンダル

スキャンダル2人がけのソファ席で密着した女の子を上半身限定で好き放題に“おさわり”できるツーショットキャバクラ、それが『スキャンダル』です。

“キャバクラの街”として名高い祇園ならではのお店であり、一般的なキャバクラではご法度であるキスやおさわりを存分に楽しめるということで、人気を呼んでいます。

サービスがソフトなこともあって女の子が足を踏み入れやすく、料金が安めであるところもポイントです。

お手頃な価格でみずみずしい素人感たっぷりの可愛い女の子を味わえる、という点で要注目のお店といえるでしょう。

Perfect Lady

パーフェクトレディこちらは四条通の南側に店舗を持つ風俗店で、業種としてはホテヘルに属します。

ホテヘルは店舗で受付をしたあと、女の子と一緒に手近なラブホテルに入ってヘルスサービスを楽しめる、という業種の風俗店。

ファッションヘルスは最初から最後まで店舗の中で遊びますが、
ホテヘルならいったん女の子と一緒に街に出て、ちょっとしたデート気分も味わえるというのがポイントです

特に『Perfect Lady』は風俗未経験、あるいは風俗経験がきわめて浅い女の子をフィーチャーしているお店です。
それだけに、さながら本物の恋人と過ごすようなひとときを堪能することができます。

ページトップ